作者プロフィール紹介

ブログご覧いただきありがとうございます。

映画や本で人生観が変わり、劇的に人生を変えた大学生の中村海渡(なかむらかいと)です。

本ブログは、人生観が変わり、生き方が劇的に変わった経験を通して、人生を豊かにする映画や本などの作品を紹介していくブログです。

簡単にではありますが、このブログを書いている私から自己紹介をさせてください。

1.プロフィール

名前:中村海渡(なかむらかいと)

出身:神奈川県出身で現在宮城県仙台市在住、21歳の大学生です。

大学:東北大学の農学部に通っていて、家畜農家の経営負担を減らせないか?というテーマで研究をしています。

具体的には牛の栄養状態を分析して、一番効率の良い飼料をあげてコスト削減しよう!という内容です。(研究については紹介いらないですね笑)

学外活動①:また、自身の就活経験からキャリア支援をしている「株式会社Beyond Cafe」というところで長期インターンをさせてもらっていて、就活生と面談をしたりイベントを開くことで学生の人生における意志決定をサポートしています。

株式会社Beyond Cafeでの活動を取材していただいたときの記事はこちらをクリック

学外活動②また、ブログを始めるにあたってSEOの勉強を始め、SEO検定1級に合格しました!

SEO協会にプロフィールが掲載されてます!こちらからご覧ください!

趣味:映画を観るのが大好きで毎日Amazonプライム・Netflix・Huluで映画を見ています。

ここまでが私のプロフィールでした。

読んでいただきありがとうございます。

次に私が映画で人生観が変わった話をさせていただきます。

2.映画で人生観が変わった話

2-1.堕落していた大学生活

現在はいろいろな行動をして精力的に活動ができているのですが、大学生活の前半は家にこもってずっと寝ていたり、ずっとyoutube を見ていたりしていました。

しかし、大学2年の夏休みにベッドの上でふと空虚感に襲われました。

一人暮らしをしてまで大学に来ていて、それでずっと寝ていたり遊んでいるだけの生活ってなんなんだ?

何しに大学に来たんだ?という猛烈な罪悪感に襲われました。

そこから少しずつ行動を変えていきました。

大学にしっかりと行き、サークル活動で野球もし、学生団体にも所属しました。

ただ行動すれば何か変わるのではないかと思っていたのがこの大学2年の時です。

そして大学3年になり、「就活」という言葉が聞こえ始めます。

当然就活も一生懸命頑張ろうと思いたくさん行動します。

そこで聞いた「自己分析」という言葉に衝撃を受けます。

自己分析ってなんだ?

そんな私は、自己分析についていろいろな人に聞きます。

そこで私がたどり着いた自己分析とは「自分の価値観・考え方を言語化し、人生を幸せに生きるためのツールである」という結論になりました。

自分の人生を幸せに生きるためにこんなやり方があるのか!と新鮮さを感じつつ自己分析をやりまくります。

自分一人で自己分析をしているとだんだん病んできます。

自分てこんなしょーもない人生だったのか。とか自分はどう生きていけばいいかさっぱりわからない。とかそういう感情になってきます。

さらに就活で面接に受からないといけないという焦りなどもあり、自己分析で自分を良いように編集してしまう時期もありました。

そこで私が取り入れたのが「映画自己分析」という方法です。(名前は自分が勝手に付けています。普通すぎてすいません笑)

これが自分の人生観を変えることになります。

2-2.映画で人生観が変わった

「映画自己分析法」

どういうことかというと、映画を見て自分が感じたこと、思ったことを言語化していく。

そしてそこから言える自分にとって大切な感情って何か?

自分の譲れない部分って何か?を発見していくというものです。

その映画自己分析法をやり始めてから何が変わったのか?

映画が「自分の正直な気持ち」を映し出してくれるのです。

自分がありたい姿や目指したい世界観が正直に映し出されるのが映画なのです。

そこから自分の気持ちを自分で理解し始め、自分と向き合うことが楽しくなっていきました。

自分のありたい姿が見えてくると自分に自信が漲ってきますし、自己肯定感も高くなっていきます。

そうして自分の人生、生き方が劇的に変わっていきます。

この「映画自己分析」をしてから自分の素直な気持ちを人に伝えられるようになりましたし、毎日の生活が楽しくなりました。

自分の大切な感情、自分のありたい姿を常に頭に思い浮かべながらワクワクして生きることができてます。

そんな経験から、「映画を通して人生観を変え、人生をより豊かに生きられる人を増やしたい!」と思いこのブログを書いています。

共感していただけると嬉しいです。

これからもよろしくお願いします!