PSYCHO-PASS3期第6話 感想 ビフロストに近づくイグナトフに危険が!

PSYCHO-PASS3期第6話 感想 ビフロストに近づくイグナトフに危険が!

PSYCHO-PASS3期 第6話の感想を書いていきたいと思います。

待ちに待った木曜日がやってきました。

第6話以降はビフロストやインスペクターとの話が増えてくると感じていたのでとても楽しみにしていました。

結論からいうと、「ビフロスト」にかなり近づきます。

そして「ビフロスト」に近づいたイグナトフとその妻が危機的状況に陥ります。

そんなPSYCHO-PASS3期 第6話の感想を紹介していきます。

Advertisement

1.入国者特区反対派の怪しい動き

前回のPSYCHO-PASS3期第5話では、テレーザ(シスターシノギ)がインスペクターなのではないか?と疑われ、自爆テロの犯人はシスターシノギと見られていた。

しかし、第6話では大きく話が進む。

入国者特区反対派の3人それぞれについて紹介していきます。

1-1.ジョセフ・アウマ

ジョセフアウマは第6話の中盤で自爆テロに遭い、殺されてしまう。

しかし、ジョセフはあるものを守りながら死んだのではないかとシンドウアラタは推測する。

ジョセフはある倉庫をテロから守って死んだのだ。

その倉庫には、強制売春の被害者を匿いそして謎の部品を隠していた。

のちにその謎の部品は、ライフルのボルトと判明し、海外の紛争地帯で高額で売るための部品だった。

なぜそれを守って死んだのか真相がはっきりと明かされるのは第7話以降になりそうです。

1-2.テレーザ(シスターシノギ)

シスターシノギは自爆テロの犯人だと思われていました。

しかしPSYCHO-PASS3期第6話では、自爆テロを防ごうとする側の人間であることが判明します。

なぜ自爆テロを防ごうとしているのかは少しずつ明らかになっていますが第7話以降に明かされると思われます。

ある計画を止めようとしているのです。

その計画はかつて入国者特区反対派の人々で作ったものだと思われます。

それを誰かが利用して今回の事件を引き起こしている。

シスターシノギはそれを止めようとしているのです。

1-3.アッシェンバッハ

ヘブンズリープの教祖代理であるアシェンバッハは色相がクリアになることに執着している。

第6話でわかったこととしては、彼らは麻薬密輸組織と繋がっていること、そしてその麻薬を使ってエターナルホワイトという色相を真っ白にするプログラムをしていたのだ。

これは人間を麻薬中毒で植物状態にして思考を奪いサイコパスをクリアにするという衝撃的なやり方だった。

そして今回の事件を動かしているのはこのアッシェンバッハだったのだ。

ヘブンズリープが真っ白なサイコパスを持った完璧な組織を作るためにアッシェンバッハは悪事に手を染めている。

そして今回のPSYCHO-PASS3期第6話でわかった事実として、アッシェンバッハはインスペクターNo.3であり、コングレスマンのサイオンジキョウコの息子だったのだ。

インスペクターとして今回の入国者特区問題を理想の道へと誘導しているのがアッシェンバッハだったのだ。

今回の入国者特区問題でアッシェンバッハ、そしてビフロストは何を企んでいるのか?

次に紹介していきます。

2.ビフロストの真の目的

今回の入国者特区問題でのビフロスト、コングレスマンの理想は何なのか?

それがPSYCHO-PASS3期第6話で明かされます。

ビフロストは入国者特区反対派を勝たせて、略奪経済復活を目論んでいる。

そのためにニュータウンを国際ブラックマーケットの中継点にしようとしている。

これがビフロストの目的だ。

そのためにインスペクターNo.3のアッシェンバッハを使っている。

そして今回の第6話ではビフロストに関しての事実が多く明かされる。

そのビフロストの事実を紹介していきます。

3.ビフロストの衝撃事実

「ビフロスト」は入国者特区反対派を勝たせて、略奪経済復活を目論んでいる。

というのは先ほど紹介したビフロストの目的ですが、それとは別にインスペクターNo.1の梓澤とコングレスマンのサイオンジキョウコとの会話のなかで事実が出てくる。

それは、「インスペクターは誰しもコングレスマンを目指している」それは「世界の真実を知るため」という梓澤の言葉からコングレスマンはインスペクターから昇格制なのではないかということが発覚します。

さらにサイオンジキョウコは「この社会でシビラシステムと対等なのはビフロストだけ」というは発言もしています。

ビフロストはシビラシステムの外にいる存在なのか?

なぜサイコパスが濁らないのか?

第7話ではさらに明かされてくると思われます。

ビフロストが解明されてきて面白くなってきました。

そのビフロストの中でもホムラシズカは異彩を放っています。

一人だけ予想が違ったり、社会に願っていることが違うような雰囲気を出しています。

このホムラシズカの動向は目が離せません。

また、ビフロストは公安局よりも先に外務省が動いている事件という風に今なっています。

なぜ外務省なのか?

そして外務省ということはやはりシビラシステムのない海外の国が関わっているのか?

注目ポイントが多すぎますね。

ビフロストについての解説はこちらの記事でしています!是非ご覧ください!

「サイコパス ビフロスト」ビフロストとはどんな組織?インスペクターとの関係は?徹底解説します

そして今回PSYCHO-PASS第6話ではイグナトフがビフロストに近づきます。

そんなイグナトフの第6話の状況を紹介します。

4.イグナトフと妻の危険

イグナトフはヘブンズリープの潜入捜査を行っていた。

そこでは、そこでエターナルホワイトという悪魔の色相浄化システムを見つけた。

そして潜入捜査がバレてしまい、アッシェンバッハにつかまる。

そこでは、ヘブンズリープが捕まえようとしていた外務省の情報を吐けと言われる。(ヘブンズリープは外務省が潜入捜査をしていることを掴み、犯人確保を常に狙っていた。)

その中で、ビブロストとアッシェンバッハの関係そしてサイオンジキョウコとアッシェンバッハの関係性をイグナトフは知ってしまう。

当然のように外務省の情報を知っていると思われているがイグナトフは知らない。

このままイグナトフはアッシェンバッハに殺されてしまうのか?

潜入捜査の音沙汰がないことをシンドウアラタが心配する。

イグナトフは助かるのか?

第7話の最注目項目です!

そしてPSYCHO-PASS3期 第6話の最後には、イグナトフの妻がヘブンズリープに捕まり、エターナルホワイトのプログラムを施されようとする場面が映されています。

果たして、イグナトフの妻は無事でいられるのか?

PSYCHO-PASS3期第7話が待ち遠しいです!

5.PSYCHO-PASS3期 第7話見所

PSYCHO-PASS3期 第7話では、入国者特区問題が終わりを迎えそうなので、その結末は当然見所ですが、ビフロストは最後どういう結末を望んでいるのか?

コングレスマンのホムラシズカは一体何者なのか?

そして、イグナトフとその妻は助かるのか?

そんな所に注目しながら、PSYCHO-PASS3期 第7話を待ちましょう!

それでは、また会いましょう!

ご覧頂きありがとうございました!!

Advertisement

今までのPSYCHO-PASS3期第1話〜第8話(最終回)の感想はこちら↓

『ついに復活』PSYCHO-PAS3期 第1話 感想 ストーリー概要と今後の見所を解説!!

PSYCHO-PASS 3期第2話 感想 狡噛慎也・宜野座復活の第2話見所を解説!!

PSYCHO-PASS3期 第3話 『感想』あらすじ・見所を解説

PSYCHO-PASS3期 第4話 感想 黒幕の目的、そして常守朱の過去が見え始める そんな第4話の見所と感想を解説

PSYCHO-PASS3期 第5話 感想「狐」そして新たなインスペクターが動き出す 第5話のあらすじと感想

PSYCHO-PASS3期第6話 感想 ビフロストに近づくイグナトフに危険が!

PSYCHO-PASS3期 第7話の感想 シンドウアラタの免罪体質が発覚! ビフロストの真相に近づき始めるPSYCHO-PASS 第7話の感想を紹介!

PSYCHO-PASS3期最終回(第8話)続きは劇場版で! インスペクター梓澤廣一が本格始動し弥生ちゃんが殺された? ホムラシズカにイグナトフが接近!

「サイコパス 常守朱」常守朱とはどんな人物?徹底解説します

「サイコパス 狡噛慎也、宜野座伸元」とはどんな人物?徹底解説します

「サイコパス3期 メンタルトレース」メンタルトレースって何?徹底解説します

「サイコパス ビフロスト」ビフロストとはどんな組織?インスペクターとの関係は?徹底解説します

2020年春公開の劇場版PSYCHO-PASSの記事はこちらです↓

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』2020年春公開!! 見所や伏線をどこよりも詳しく解説します!