「君の膵臓をたべたい」で学ぶ人生の儚さと終わり行く時間の輝き

「君の膵臓をたべたい」で学ぶ人生の儚さと終わり行く時間の輝き

前回は、「君の膵臓をたべたい」の意味や、ストーリーを紹介していきました。

「君の膵臓をたべたい」ってどんな意味?浜辺美波、北村匠海主演の人気作品を徹底解説『キミスイ』

今回は「君の膵臓を食べたい」の感想を紹介していきます。

この作品は小説・映画・アニメと様々な媒体で作品かされています。

病に犯され余命幾ばくもないヒロインの咲良が残された命を本気で生きる。

その終わり向かう儚さや、終わりに向かって全力で生きる輝きをこの「君の膵臓を食べたい」では感じました。

純粋な「生きたい」という気持ち、そして唐突に訪れる「終わり」。

あなたは「終わり」を意識して本気で人生を生きられていますか?

全力で生きてますか?

この「君の膵臓を食べたい」をみ終わった時、これを読んでいただいているあなたにも「全力で生きたい」という想いが芽生えてくると思います。

そんな「君の膵臓を食べたい」を紹介していきます!

Advertisement

1.人生の儚さ

「人生はいつ終わるか分からない」とこの作品を見た後に感じます。

病気で余命が残り少ない状況、そこにも儚さを感じると思いますが、さらに病気で死んでしまう前に通り魔に襲われて死んでしまうというのは本当に「人間いつ死ぬか分からない」ことを象徴しています。

人生はいつ何が起こるか分かりません。

明日車に轢かれる可能性もありますし、明日ガンが見つかる可能性だってあります。

そうなったときにあなたは後悔しますか?

ほとんどの人は「あのとき好きな子に告白しておけばよかった」とか、「あの時親に言ったあの一言を謝りたい」とか後悔が募るかと思います。

いつ死ぬか分からない儚い人生でそんな後悔を残して死にたくないですよね?

「人生の儚さ」を常に感じながら生きていきたいです。

2.終わり行く時間の輝き

そんな儚い人生において「死」という概念が皆さんの頭の中にあると思います。

病気で「死」と隣り合わせだったヒロインの咲良は常に人生の終わりが見えていました。

そんな彼女は終わりが見えているからこそ、その時が来るまで後悔のないように全力で人生を生きていました。

全力で毎日を生きているからこそ咲良は輝きを放っていたのです。

そんな咲良に私は感動する。涙するのです。

じゃあ「死」を日常であまり感じることのない普通に生きている私たちは輝きを放てないのか?

いや、輝きは放てます。

しかし、それは人生がいつ終わるか分からないことを感じながら「死」というものを常に意識し、後悔のないように全力で生きれることが条件になってくるなと感じました。

終わり行く時間の輝きは誰が見ても眩しく、感動してしまいます。

私は、毎日を輝かせながら生きていきたいです。

3.あなたは瞬間を全力で生きられますか?

ここまで「人生の儚さ」と「終わり行く時間の輝き」について紹介しました。

この二つから言えるのは、

あなたはこの瞬間、瞬間を全力で生きられていますか?

ということです。

何回もいいますが人生はいつ何があるかわかりません。

自分の病気、恋人の病気、家族の病気、いつ自分の行動が限られてしまうかわかりません。

そんなときに後悔をしたくない。

明日死んでもいいと言えるくらいの熱量で毎日を生きたい。

思い返しても輝かしいと感じられる自分の人生を生きたい。

「君の膵臓をたべたい」ではヒロイン山内咲良の病気と生き方を通して、いつ何があるか分からない人生だから今を大切に全力で生きて欲しい、ということを伝えたかったのかもしれません。

「この瞬間を大切に生きて欲しい」

そんなメッセージを「君の膵臓をたべたい」から受け取りました。

Advertisement

4.「君の膵臓をたべたい」感想あとがき

ここまで「君の膵臓をたべたい」の感想を書いてきました。

普通の恋愛映画とは違うこの「人生の儚さ」を教えてくれた作品は今まで見た中映画の中でも最高に好きな作品です。

「この瞬間を大切に生きる」

「君の膵臓をたべたい」で学んだことを活かして、今を全力で生きていく。