「サイコパス 常守朱」常守朱とはどんな人物?徹底解説します

「サイコパス 常守朱」常守朱とはどんな人物?徹底解説します

サイコパス3期ではいまだに謎に包まれている常守朱。

彼女はサイコパス1期、2期では主人公として、監視官としてシビラシステムを守る存在でした。

しかし、サイコパス3期では監獄のような場所で隔離されているという演出がされています。

一体何があったのか?

そしてサイコパス3期をご覧の方が抱く、常守朱ってどんな人だったの?という疑問を解消し、今後の常守朱の行方を考察していきたいと思います。

Advertisement

サイコパス主人公「常守朱」のプロフィール

サイコパス3期で今後重要人物となってくるであろう常守朱とはどんな人なのか?

常守朱のプロフィールを紹介していきます。

ステータス

公安局刑事課1係の新人監視官としてサイコパスの物語をスタートさせる。

職業訓練施設を主席で卒業。

500人の卒業生の中で唯一公安局監視官としてのシビラシステム適性がA判定だったことから、自分にしかできないこと、自分の生きる意味がそこにあるのではないか?と考え公安局に入局する。

性格

常にポジティブでサイコパスが一切濁らない強い精神を持つ。

正義感の塊で何事も問題を解決しようとする姿勢は登場人物の中でNo. 1だろう。

不器用な性格で、自分の行動が周りから理解されないことも多く、毎回毎回事件解決には苦労するが確実に解決する。

そんな不器用だが強い正義感を持って行動する常守朱をみんな信頼しており、他の監視官や執行官、公安局の仲間から一目を置かれる存在。

サイコパス1期では慣れない新人監視官として狡噛慎也や宜野座伸元にお世話になりながらなんとか理想の監視官になろうと奮闘する様子が描かれています。

しかし、サイコパス2期では自分が一人前の監視官としてみんなを引っ張っていく立場になり、より精神的に強くなるそんな様が描かれています。

サイコパス1期では、親友が目の前で殺されたことや、その時にサイコパスが濁らない存在を知りシビラシステムへの不信感を抱くようなシーンが印象的でした。

サイコパス2期でもその不信感は継続しており、シビラシステムの中で自分は何をして生きるべきなのか?

シビラシステムに生きるのが本当の幸せなのか?

そんなことを常に思いながら生きているのが印象的な常守朱のプロフィールを紹介しました。

次にサイコパス3期での常守朱の状況を解説していきます。

サイコパス3期 「常守朱」の現状を解説

サイコパス3期では常守朱は監視官としてではなく、裁きを受ける立場として収容されているという状況になっています。

そして常守朱が収容されることになった事件の黒幕が今回サイコパス3期で公安が戦うことになりそうな「ビフロスト」なのです。

公安局の上層部は「ビフロスト」に迫ろうと陰で動きを見せている描写が描かれています。

サイコパス2期とサイコパス3期の間に常守朱は強い正義感からこの「ビフロスト」を追いかけていたと推測されます。

そしてその最中に何かしらの事件に巻き込まれ監視官としての権限を剥奪され、裁きを受ける立場になっているという状況かと思われます。

常守朱とビフロストの間には何があったのか?

そしてなんで常守朱は裁きを受けなければならないのか?

今後のサイコパス3期の見所となっていきます。

そんな常守朱の意志をついでいると思われるのが狡噛慎也と宜野座伸元です。

この二人は次回の記事で解説しますが、二人は常守朱の元上司で現在は外務省行動科の特別捜査官をやっています。

常守朱の追ってた事件をその二人は追っていると推測されます。

そんな狡噛慎也と宜野座伸元は次回徹底解説したいと思います。

サイコパス3期 「常守朱」の発言

サイコパス3期で数少ない登場の中で常守朱が発言していることを抜粋して紹介したいと思います。

「この社会は本当に平和で幸福な国家なのか」

この国は鎖国政策とシビラシステムで世界で唯一平和な国として存在していたかもしれない。

しかし、本当にこの国は平和なのか?

シビラシステムで何を得て、何を失ったのか?

そんな問題提起を常守朱はします。

これは常守朱が常に持っている疑問「シビラシステムってなんなのか?、本当に人間はこのシステムに頼っていいのか?」による発言だと思われます。

このシステムが管理する世界で人間は何を思うのか?

そこが常守朱の知りたい真相であり、このサイコパス3期の本題になってくると思われます。

「裁きを受ける身になって初めてシビラシステムから解放された」

常守朱はこんな発言をしています。

「裁きを受ける身になって初めてシビラシステムから解放された」

これはシビラシステムの中では常に犯罪係数を気にして怯えながら自由を奪われて生きているが、裁きを受ける身になり、それを気にせずに生きられているという皮肉が込められています。

日常にはない自由が収容中に感じられる、そんなおかしな世界に疑問を投げかける場面となっていました。

Advertisement

サイコパス3期「常守朱」まとめ

サイコパス3期では常守朱は影のキーパーソンとして今後活躍することになりそうですが、誰も疑問に思わないシビラシステムに疑問を持ち、その強い正義感で

本当の人間らしさとは何か?
人間の生き方って何が正しいのか?

そんなことをこれから見つけていく。

そんな展開になってきそうです。

ここまで「常守朱」について解説していきました。

サイコパス3期もこの「常守朱」の情報を頭に入れつつ見るとより楽しめると思います!

次回は常守朱と深く関わる人物「狡噛慎也」と「宜野座伸元」について解説していきます。(更新しました!)

Advertisement

「サイコパス 狡噛慎也、宜野座伸元」とはどんな人物?徹底解説します

読んでいただきありがとうございました。

サイコパス3期の1話ごとの解説はこちら↓
『ついに復活』PSYCHO-PAS3期 第1話 ストーリー概要と今後の見所を解説!!

PSYCHO-PASS 3期第2話 狡噛慎也・宜野座復活の第2話見所を解説!!

PSYCHO-PASS3期 第3話 あらすじ・見所を解説

PSYCHO-PASS3期 第4話 黒幕の目的、そして常守朱の過去が見え始める そんな第4話の見所とポイントを解説

PSYCHO-PASS3期 第5話 「狐」そして新たなインスペクターが動き出す 第5話のあらすじと感想

PSYCHO-PASS3期第6話 感想 ビフロストに近づくイグナトフに危険が!